5/27/2015

ニューヨークシティ

ニューヨークシティの郡、カウンティはニューヨーク郡です。

ニューヨークシティ 仕事

>ニューヨークシティの仕事には、通勤時間に30分以上かけている人が大半です。通勤手段は車で通勤している人はわずか25%ほど、地下鉄の利用者が30%、バス、相乗り、徒歩の通勤者が各10%、残りは電車、タクシー、在宅仕事者が各数パーセントです。

他州では70%が車通勤をしているのに対し、メインの通勤手段が地下鉄になっていることはNYならではの特徴です。そして数パーセントですが、タクシー通勤をしている人がいるのもNYでのみ見られたデータです。

ニューヨークシティ 収入

ニューヨークシティは2009年では1世帯の平均収入が約50000ドル、日本円にして500万円ほどという高額ですが、ニューヨーク州全体の平均年収と比べて4000ドル近く下回っています。一人当たりの年収は3万ドル、日本円にして300万円ほどです。

ニューヨーク レストラン

NYのおしゃれなレストランで素敵なデートなんていうのもロマンチックです。アメリカではお酒は21歳以上の人が飲めます。ニューヨークのレストランやバーに入ってお酒を注文すると、ウェイトレスやウェイターからIDを見せるように言われます。

ニューヨーク在住者はID呼ばれる、現地の州の運転免許証を見せ、日本から観光で来ている場合は、パスポートを見せましょう。ニューヨークには、朝食とランチの間に飲み放題のバーがたくさんあります。

ニューヨークは人種のるつぼと言われるほど多種多様の人たちで成り立っているので、レストランやバーの種類も豊富にあります。中でもおいしいアメリカンレストランが多く、伝統的な南部風のバーベキューからモダンなメニューが勢ぞろいです。

ニューヨークでは、オムレツ、フレンチトースト、カプチーノとカフェラッテ、クロワッサンにジャムが人気のメニューです。その他にも、柔らかくて食べごたえのあるおいしいベーグルがニューヨーカーに人気です。ニューヨークはおいしいパンとケーキ、お菓子があることでも人気の街です。フレンチ料理も人気でビストロ料理店がちらほら見られます。

屋外にイスとテーブルがあるレストランあり、おしゃれな雰囲気があることから人気です。ビアガーデンと呼ばれる屋外のエリアではイスに座ってお酒が飲めます。友達と一杯飲んで楽しめる社交の場となっています。

大抵のレストランではハッピーアワーと呼ばれる時間帯が設定されてあり、その時間帯に行くと飲み物や食べ物が安くいただけます。大体5時から6時半が一般的で、夕食前の混む前です。また最近は逆ハッピーアワーがあり、夜の9時以降には飲み物や夕食が安くなる場合があります。

ニューヨーク 飲酒運転

ニューヨークのアルコールの法律は、アメリカ北西部の中で一番ゆるい規制ですが、ルイジアナ、ミズーリ、ネバダ、イリノイ、ニューメキシコやアリゾナのような相当ゆるい規制の州に比べると、まだ厳しい規制となっています。

アメリカの他州のように、ニューヨーク州では、酒気帯び運転は犯罪となり、この違反は、州のアルコールの法律のみならず、他のさまざまな分野の法律に反しさらに多くの犯罪になりかねません。

ニューヨークの血中アルコール濃度レベルは、21歳以上の個人で0.08%、21歳未満の個人には、許容度ゼロ%が適用されます。未成年者は、どんなに少量の血中アルコール濃度(法的に、0.02%かそれ以上、おそらく誤検出を避けるため)であっても、6ヶ月以上運転免許証が失効となります。

他の飲酒運転の刑罰としては、罰金、免許証の停止または、失効や、留置、車へのアルコール検知インターロック設置の実行などがあります。それより軽い刑罰には、運転者の血中アルコール濃度が、0.05%を越えた際に、DWAI(酒気帯び運転行為)が、適用されます。

ニューヨーク州のバーやレストランでの飲酒行為は、午前4時から午前8時の4時間だけは、アルコールを提供できません。これは、一般的にニューヨークのナイトライフ(レストラン、バーやクラブ)、同様に州全体の夜勤労働者に合わせたものです。

それでも、各々の郡では、閉店時間を自由に設定していて、州の北部、バッファロー、アルバニーや、サラトガスプリングでは、午前4時が閉店時間で、ビンガムトンでは、午前3時が閉店時間、シラキュース、プラッツバーグ、ニューヨーク、ロチェスターでは、バーの閉店時間は、午前2時、そしてエルマイラ、ジュネーブ、イサカは、他の都市に比べ最も早い閉店時間の午前1時です。郡によっては、日曜日の午後12時以前は、アルコールの提供ができません。

ニューヨークのアルコール飲料を販売する免許を取得している酒屋は、ビールまたは、ワインと蒸留酒(スピリッツ)のどちらかを販売できます。ビールは、通常スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ワインや蒸留酒は、いわゆる酒屋で販売されます。購入後のワインや蒸留酒は、返品できません。

未成年者の酒屋の来店は、常に成人と同伴の必要があり、もし違反すれば、その店の経営者やマネージャーは、不法扱いとなる未成年とともに、クラスB、第2級の軽罰を科せられます。

この法律は、酒屋のために変えられました。現在、日曜日はアルコール飲料の販売が許可されています(但し午前中のみ)。クリスマス(12月25日)は、一日中アルコール飲料の販売禁止となります。

ニューヨークの唯一の規制は、全てのワインや蒸留酒の販売ができる免許を持つ販売店は、その免許を所有する個人が、その店の数マイルの範囲以内に居住しており、他に誰も同じ州内に免許をもっていないこととしています。これは、ニューヨーク州内で、同じ酒屋がチェーンで事業をするのを防止するために意図されています。

ニューヨーク州では、歩道、道路や公園などの公共の場所で、アルコール飲料の栓を開ける行為は違法です。ニューヨークシティは、公共の場所での飲酒が全米で最初に禁止されました。

ニューヨークシティ 不動産

ニューヨークシティの不動産の平均価格は、2009年度のコンドミニアムの平均価格は5万ドルほどです。10年前と比べて2倍以上に価値が上がりました。ほかの街と比べて住宅の値段が高くなっています。一軒家の平均価格は5万5千ドルです。アパートなどの家賃の平均は毎月1000ドルほどです。

ニューヨークシティ 人種

ニューヨーク以外では白人が70%ほどですがニューヨークシティでは白人がメインではありません。白人は35%ほど、メキシコ人などのヒスパニックが28%、黒人は23%、アジア人は12% 、混血がほんの1%です。

外国人の割合が多く、南米出身者が20%、アジア生まれが10%、ヨーロッパ人が7%を占めます。ニューヨーク州のほかの街と比べて、外国人がたくさん住んでいる街です。

0 件のコメント:

コメントを投稿